Windows7 サポート終了期限迫る!   (1) 買い替え前の準備について

2019/06/19

Windows7 サポート終了期限迫る!

 

 

2019年6月よりwindows7の画面に上記画像のウィンドウが表示されるようになりました。

 

 

もし表示されているのであれば、お使いのパソコンは「windows7」「2020年1月」にサポート期間が終了するパソコンということになります。

 

 

サポートが終了するとどういったことになるのかは過去の記事をご覧ください。

 

「Internet Explorer 10(IE10)のサポート終了について」

 

https://www.might-inc.co.jp/news/20190208-489/

 

 

サポートが終了にあたりwindows7からwindows10のパソコンへお買い替えを検討されている方も多いのではないでしょうか?

 

 

買い替えにあたり、買い替え前の準備、新しいパソコンはどういったものが良いのか、いらなくなったパソコンの処分はどうすればよいのか等について数回に分けて紹介できればと思います。

 

 

今回は買い替え前の準備、あらかじめ確認する必要がある事について紹介していきます。

 

 

買い替えで環境を移行する場合、まず、何をどうすればいいの?という疑問があると思います。何が移せて何が移せないのか、使用できるものとできないもの等、様々な項目はあるのですが、おおまかに5つの項目に分けました。

 

 

1、移行したいデータをまとめ、外部メディアにコピーを行う。

 

パソコンに保存している移行したいデータの場所と容量を確認し、その容量に合わせたUSBや外付けハードディスクなどを準備、準備したものへデータのコピーを行います。中には保存場所がわかりにくいものもあるため、その場合は調べる必要が出てきます。

 

 

2、使用していたソフトを確認する。

 

パソコンにもともと入っていたソフトやディスク等で購入したソフトは初めて使用する際にレジストリ登録などの設定を行っているので、そのままデータをコピーして移行しても使用できないものが殆どです。

Windows7時代に購入したものはwindows10非対応の物も少なくなく、非対応の場合は該当ソフトの最新版や代替えのソフトを用意する必要があります。

 

 

3、日頃利用しているウェブサイトの登録情報の確認

 

通販サイトや宿の予約サイトなどを使用した際にはメールアドレス、ID、パスワードなどを登録しているかと思います。新しいパソコンで同様に使用する場合は当時サイトに登録したパスワード等の情報を再度入力しなければ利用出来ません。

 

そのため、買い替え前に登録情報一覧などを作り、わかるようにしておく必要があります。

 

また、すでにIDやパスワードなどが分からなくなっているサイトがある場合にはあらかじめ登録情報の確認や変更を行っておくと購入後の環境移行がやりやすくなります。

 

 

4、インターネットの契約書類などの確認。

 

使用しているメールアドレスや月々契約のセキュリティソフトを使用する場合、回線業者やプロバイダの契約書類が必要になります。紛失してしまっている場合は契約先に連絡を取ることで再発行が出来ます。

 

 

5、周辺機器 windows10の対応状況や機械的に消耗していないかを確認する。

 

Windows7と同時期、またはそれ以前に購入している周辺機器はwindows10では使用できなくなる可能性が出てきます。対応しているかどうかは各メーカー公式サイトで型番などから確認ができます。

wi-fiルーターなど非対応ではないけども機械的に消耗している(性能の低下や動作が不安定になる等)場合がありますので、そういったものの動作確認も必要になります。

 

 

以上が買い替えの場合に必要になる代表的な確認項目になります。

 

 

パソコンの買い替えに関して、車のように保険や税金などの手続きは必要ないものの自分の手で準備や確認が必要なものが多くなっております。この準備をおろそかにしてしまうと買い替えたのに今までやっていたことが出来ない・使えない、必要なデータを移せていなかったなどの状況になってしまうので、そうなる前に事前確認をしていきましょう。

 

 

Windows7からの買い替えでご相談がありましたらお気軽に当店にご相談ください。常に最新の設定に触れている専属スタッフが専門の知識を持ってお客様のお悩みを解決いたします。