※不具合情報 Excelが動作を停止する不具合発生中

2019/01/25

※不具合情報 Excelが動作を停止する不具合発生中

 

 

◎症状 

今年に入り「Excelが開けない」、「Excelがすぐに落ちる」、「Microsoft Excel動作を停止しましたのエラーになる」といったトラブルの相談件数が増えています。

Word、Powerpoint、Outlookは普通に操作できるのにExcelだけが使えなくなるのが特徴です。

 

 

具体的には、文字の入力をしようとすると「Microsoft Excel は動作を停止しました。問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。プログラムは閉じられ、解決策がある場合はWindowsから通知されます」とエラー表示になってしまい、Excelが勝手に強制終了してしまうというものです

 

 

◎発生条件

 今のところ入ってきている情報によると、Windows7のパソコンで、Office2010が搭載されているパソコンが多いようです。一部情報ではWindows8でOffice2010のパソコンでもこのトラブルが発生したようです。Office2010搭載が発生条件の可能性が高いですね。

 

 

◎原因

 2019年1月2日に提供が開始されたWindowsのアップデートプログラム「KB4461627」が原因です。こちらのアップデートは2019年5月1日から導入される見込みの新元号(平成の次の元号)に向けたアップデートです。

 インターネット環境下でパソコンをお使いの場合、自動的にアップデートされるので、「気づいたら使えなくなっていた」なんてことになる方が多いと思います。

 

 

◎解決方法

 Windowsのアップデートプログラム「KB4461627」をアンインストールすれば解決するという報告が届いております。

 

 

◎詳しいこの更新プログラムのアンインストール方法

 

 

Windows 8 および Windows 8.1

画面の右端からスワイプまたは「スタートボタン」と「Cボタン」を同時に押し、[検索] を選択します。 マウスで画面を表示する場合は、画面の右下隅にマウスカーソルを移動し、[検索] をクリックします。

[Windows Update]、画面左下の[インストールされた更新プログラム]の順に選択します。

更新プログラムの一覧から『KB4461627』を選択し、[アンインストール] を選択します。

 

 

Windows 7

[スタート] メニューを開き、「プログラムのアンインストール」を選択します。

[インストールされた更新プログラムを表示] を選択します。

更新プログラムの一覧から『KB4461627』を選択し、[アンインストール] を選択します。

 

 

◎まとめ

 現在、報告が届いているものに関しては上記の解決方法でエクセルが開くようになっているようです。もし、『上記方法で解決しない』、『やり方がよく分からない』、『自分でアンインストールするのが不安』等ありましたら、当社フリーコールまでお気軽にお問合せください。